アメリカの狙いは「日米FTA」?

トランプさんが大統領選挙に勝利したのは記憶に新しいですね。
その後、ビデオメッセージで就任後早々にTPPから離脱する事を発表しました。

TPPはアメリカありきの協定なので、何を今更感が拭えません。これにより、このまま日本もTPPを継続すると経済規模は半分以下に落ち込むと言われています。(規模ですよ。)

TPP自体は現在も国会で討論中なのですが、何かすでに消化試合をしているような気がしてなりませんね。

さて、トランプ氏のスローガンは「強いアメリカを取り戻す」です。日本としてはアメリカは今でも十分強いのですが、雇用の問題などから苦戦を強いられているようです。

しかし、アメリカとしても日本は重要なパートナーである事に変わりないと思います。そこで、日本とアメリカの2国間で日米FTA(自由貿易協定)が結ばれる可能性が出てきます。

トランプさんとしては、「TPPのメインターゲットは日本だから、他の国とかと調整してTPPを締結するよりも日本と直接FTAを結んだ方が手っ取り早い」と思っているかもしれません。

ただでさえ、「アメリカのポチ」と呼ばれる日本。そうすると、今まで以上に厳しい条件が突きつけられる可能性があります。

とにかく、トランプさんの動向に注目しておく事と、残された国でのTPPの交渉が今後の経済のメインになっていくと思って良いですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする