田舎にマイホームを持つこと

今、上京して頑張っている人は多いと思います。田舎に親が住んでいるパターンですね。上京なので。で、結婚してマイホームを検討する人も多いと思うんです。でも、都会のマイホームは高い、普通のサラリーマンでは数十年のローンを組む結果になります。

昔から、海外から見た日本の住人は「ウサギ小屋の住人」と呼ばれています。それほど小さいという意味です。

でも、田舎(出身地)では案外マイホームは安かったりします。これは土地代が安いからでしょう。

最近、平均寿命がのびて人生が長くなっています。今は都会で良いかもしれませんが、いつまでも都会では疲れてしまうのではないでしょうか?ここは長い目で見て定年後(もしくはセミリタイア後)に田舎で過ごすというのはどうでしょう?

これは、子供の教育や養育費にも良い影響だと思います。都会の子供は小さいうちから受験戦争だったり、まだ子供なのに、満員電車で通学したりと結構厳しく、のびのびと生きれない環境が現状だったりします。

僕の友達は田舎に住んでいますが、子供達はのびのびと生きています。僕は独身ですが、もし結婚して子供を授かるようなことがあれば、田舎に引っ込むかもしれません。

そして、広いマイホームで3世代住居なんていうのも良いのではないでしょうか?

今は、都会にいなくても結構色々と仕事ができる状況です。
マイホーム。マンションより買い替えが難しいです。田舎も選択肢に入れてみるのも人生設計としては良いと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする